リラックスして過ごせる

注文住宅を設計する際に、和室の部屋を取り入れる方は数多くいます。そもそも和室とは、簡単に言うと、畳が敷きつめられている部屋のことです。その最大のメリットは、畳がクッションになっていることから椅子がなくても過ごせる点です。そのまま畳に座ったり、寝転がったりできるので、フローリングよりもリラックスして過ごせますよ。また、畳のい草の香りはリラックス効果があるので、和室で過ごすだけで精神が安らぐのも特徴ですよ。

夏は涼しく冬は暖かく過ごせる

和室は、夏は涼しく冬は暖かく過ごせることもメリットといえるでしょう。そもそも畳は断熱性に優れている素材なので、冬の時期は部屋の暖かい空気を外に逃がすことがありません。フローリングのように冷えやすいことはないので、和室にいるだけで快適に過ごせます。また、畳は吸湿性にも非常に優れているため、高温多湿の夏の時期も湿気を吸収してくれます。そのため、ジメジメとした湿度を一切感じることがありません。

部屋を広く使うことができる

フローリングと比べて、和室はより部屋を広く使えることもメリットといえるでしょう。フローリングの場合、そのまま座ってしまうとお尻が痛くなったり、冷えたりします。そのため、ソファーやベッドなどの家具を設置しなければいけません。ただ家具というのは部屋のスペースをかなり取るので、その分だけ部屋が狭くなってしまいます。しかしながら、和室の場合、そのまま直接座るので家具を置く必要がありません。寝る際には布団を敷きますが、起きている時は押し入れにしまうことが可能です。つまり、和室はゆったりと空間を使えるので、居心地がいいといえます。

千葉の注文住宅はお勧めです。東京に注文住宅を建てると、とても高くなりますが、千葉ならば、東京よりも安く建てることが出来ます。場所によっては東京に通うことも可能なのもメリットです。