ローコスト注文住宅のメリットについて

ローコスト住宅の最大のメリットは、読んで字のごとく「安い価格で家を建てられること」です。最も気になるのは「どうして安い価格で建築できるのか?」という点だと思いますが、これには理由があります。

住宅を建てるにあたり、材料費と人件費が総費用の中でも大きな割合を占めます。しかしながらこれ以外にも「宣伝広告費」や「諸費用」といった経費が加算され、総費用として計算されているのです。ローコストの注文住宅はこの宣伝広告費や諸費用を大幅にカットすることで、安い価格での建築を実現しています。他の工夫として、間取りをシンプルにする、玄関の門扉を無くすなどがあります。これにより使う材料費をコストカットしています。

また建て替えがしやすいという点でも、おおきなメリットがあります。

ローコスト注文住宅のデメリットについて

ローコスト注文住宅のデメリットとしては、キッチンやお風呂などのグレードがどうしても低くなってしまうという点が挙げられます。メーカーや工務店によっては他の条件とうまく調整してくれる場合もありますが、ローコスト注文住宅の前提条件として憶えていた方がいいでしょう。また耐熱性や遮音性など、安全快適に過ごせる部分があまり優れていない場合も多いです。

他のデメリットとしては、注文する業者によっては、イメージと違う結果になってしまう場合があります。例えば建築設計事務所に発注した場合、施工は下請け業者が行うことがほとんどです。そのため打ち合わせの時のイメージと完成した住宅にイメージギャップが生じてしまうことがあります。

窓の位置や間取りなど、自分好みの家を1から建てることができるのは、注文住宅です。世界に1つだけの空間を、大阪の注文住宅でつくりませんか