基準を何にするかで決めやすくなる間取り

一から家を設計して、自分の理想を詰め込んだ家を建築することができる注文住宅。ですが、家を建築するのは専門家でない限り、設計も建築も携わったことのない方がほとんどです。そのため、間取りの決め方に困ることもあり、せっかくできあがった家も間取り決めに失敗したことで生活し辛い家になってしまうことも。注文住宅は理想を詰め込んだ家を造っていくことができる自由度の高さから、過剰な設備を取り付けたり、生活動線を無視した間取りにすることで、不便さが際立ってしまいます。注文住宅で重要になってくる間取り決めに悩んだ時は、家族構成などを基準にして間取りを決めていくことで、生活しやすい家を造ることができます。

人数や年齢によって間取りを考える

親子で暮らす家を建てる時には、4人家族であれば4LDK、5人家族であれば5LDKの間取りが適切だとされています。子どもの年齢によっては間取りの変更はありますが、子ども一人に必ず一部屋用意する必要はありません。共有できる広いスペースに仕切りを作ることで二つのスペースを用意して使うことができます。高齢者と一緒に暮らす家を造るのであれば、一部の部屋を共有できるようにしたり、互いにプライベートを分けられる部屋を用意しておきましょう。

関係によってはストレスを減らすための間取りにしておく必要がありますが、介護が必要になっている場合は完全に居住空間を分離させると、介護がし辛くなってしまいます。家族の生活動線も考慮した間取りにすることで移動の手間もはぶくことができるので、無駄な動きを減らした快適な生活ができます。

愛知県は、住宅地や様々な施設が立ち並ぶ栄えたエリアと、自然豊かなエリアが混在しています。どちらも住みやすいため、愛知の注文住宅は人気があります。