賃貸住宅の設備は自分のものではない

賃貸生活をしていると設備に不具合が生じることがあります。蛇口をひねっても水道から水が出なくなってしまった、トイレの水が流れ続けて止まらなくなってしまったというような水回りのトラブルは典型的なものです。他にもガス給湯器が機能しなくなった、エアコンを付けても送風しかしなくなってしまったというトラブルがよくあります。このような設備関係の不具合が発生したときには、安易に修理会社に連絡して直してもらってはいけません。賃貸住宅の設備は自分の所有物ではないので、勝手に手を加えることは禁止されているからです。それでは賃貸住宅の設備が壊れてしまったときにはどのようにして対応したら良いのでしょうか。

管理会社かオーナーに連絡しよう

賃貸住宅で設備の不具合が発生したときには管理会社かオーナーに連絡をしましょう。設備はオーナーの所有物なのでオーナーが対応してくれることもありますが、管理会社に委託をしている場合には管理会社が対応します。不動産の賃貸契約書を確認してみると、不具合があったときの連絡先についての記述があるでしょう。連絡の仕方も契約書や付属資料に書いてあるので確認してみるのが大切です。管理会社の場合にはメール対応のことが多いですが、オーナーが一緒に住んでいる場合には直接言いに行くとすぐに対応してくれる場合もあります。平日の昼間しか対応してくれないケースもあるため、応急処置をして我慢しなければならない場合もあることを念頭に置いて、対応が優れている物件を選ぶようにしましょう。

網走といえば、自然や流氷や海産グルメの街です。 移住してみたいと考えたとき、いきなり家を買うのはリスクが高いでしょう。そこで、網走の賃貸を借りて住み心地をみてみませんか?